| main |
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.28 Saturday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

レビュー じゅうじん

ヒーローカンパニー(レビューじゅうじん)

私の尊敬する島本和彦先生の漫画
「ヒーローカンパニー」のカードゲーム。



ご存じの方も多いと思いますが、
彼の漫画は基本 登場人物全員が
一生懸命バカです。

なのでバカな事が自然の節理のように
物語が進行していきます。

高校野球で仲間がすべて倒れて、
一人きりになった主人公が
ヒットを打った。
しかし、ランナーに出る選手が
いない!
その状況で取った手段が…





透明ランナー 



です。

それを他の人達は


「その手があったか!」



納得してしまうような漫画です。

すなわち読者にツッコミは任せるスタイルです。

このゲームもそのスタイルをキッチリ守っています。
そもそも、テーマがヒーロー達が自分の評価を上げる為に
足の引っ張り合い。

初プレイ5人でプレイ。
ルールは単純で分かりやすい。
大きくなったら正義のヒーローでリーダーになるという夢を
持ち続けている私としては もちろん「赤」を選択。

最初の事件はスリやら痴漢やらを解決しにいく。
ヒーローなのに肩すかしなショボイ事件ばかりだ。

そんなもんは鉄道警察に任せて
みんなは特訓に向かう。

特訓を選ぶと必殺技などが使えるスキルカードを貰える。
私はショボイ事件とはいえ、悲しむ人を捨ててはおけないので
助けに行く。

そこにイエローも参戦。
先に到着した順にダイスを振って、解決に必要な数値に達せば褒美に
評価ポイントをもらえる。

もちろん、ダイスを振る時は

「トォー!」や「レッドチョーップ!」

など、叫ぶ。そういうルールである。

え?ルールブックに書いてない?
ストーブであぶれば 文字が浮かび上がるはずなので
そこは疑わずに 必ずダイスを振る時は叫ぶように。

※隣のテーブルからインストが聞こえにくいからと
私のように注意を受けても当サイトは責任を負えません。


さて、解決に手助けしてなくても、参戦してれば評価カードがもらえる。

評価カードは下がる場合もあるけど、高得点もあるので
何もせんでも参加する事に意義があるのだ。

しかし、全員でも解決出来ないとライフが一つ減る。

そんなわけで、あっちの事件に参戦してる仲間を
こちらに呼んで助けさせたり、あちらの残ってる仲間を困らせたり
のイベントスキルが飛び交い、悲鳴も飛び交います。

通常の攻撃で解決出来ない敵には
必殺技を使います。
当然 適当に考えた必殺技名を叫ばなければなりません。


「テヘペロ」というカードでは攻撃をやり直す事が出来ます。
ぜひとも、可愛い女の子に実演ありでプレイしてもらいたい。


ダイス運より、どの事件に向かうか?
どのカードを使うか?
の方に重心が乗っているシステム。

最終決戦のポイントが多すぎて
最後の問題は100万点!みたいなクイズ番組のような
馬鹿らしさもあるが、ノリノリで楽しくプレイ出来る仲間が
いれば、間違いなく盛り上がれるゲームです。



【感想と評価】
個人的評価(じゅうじん)
☆☆☆☆☆☆☆7


 
  • 2015.05.12 Tuesday
  • 21:41

ルール

ヒーローカンパニー(ルール)


【準備】
キャラカードをランダムに1枚選びます。


ライフ3個とスキルカード3枚〜4枚(プレイ人数によって変わる)を受け取りゲームスタート。


【ゲームの進行】

1、事件の公開
事件カードの山札から3枚を公開して横並びに配置します。
1周目〜3周目・・・前半戦
4周目〜6周目・・・後半戦
最後は必ず「最終決戦」が公開されます。




2,事件現場の選択
解決したい事件カードの下に自分のキャラカードを置きます。
他のプレイヤーと同じ現場でもいいし、1人だけ、違う現場に行ってもいい。


3,イベントスキルの使用選択
事件解決の前にスキルカードの「イベントスキル(緑色)」を使用するかどうか決めます。


4、事件を解決する
3枚並んでいる事件カードの左から順に解決します。

4-1、ダイスを振る
通常ダイスを1個振る(左のダイス)
右は必殺技ダイス


4-2、バトルスキルの使用
スキルカードの「バトルスキル(青色)」を使用するかどうか決めます。


5、事件解決の判定
ダイスの合計値が事件カードの「勝利条件」を上回ってたら事件の解決です。
事件解決の判定に使う合計値は、事件に参加している全プレイヤーのダイスの値を合算したものです。


6、事件が解決した場合
事件の種類に応じて、参加したプレイヤー全員に評価ポイントや報酬が与えられます。
事件を解決することによって入手出来る査定カードにはプラス評価のカードとマイナス評価のカードがあります。


7,事件が解決してない場合
7-1、同じ事件現場にいる、次のプレイヤーが解決行動を行います。

7-2現場にいる全てのプレイヤーが解決行動を終えている場合
事件に参加したプレイヤー全員が1ライフを失います。
ライフが0になったプレイヤーはゲームオーバーです。

8、週の終了
3つの事件を解決したら、その週は終了します。
今週のリーダーカードを左隣のプレイヤーに渡します。
最終決戦の事件を終えたら、最終得点を計算して勝利者を決めます。


9,最終得点の計算
最終決戦が終わったら、ボードの評価点に査定カードの得点も加えます。
最も評価が高いプレイヤーの勝利!
  • 2015.05.12 Tuesday
  • 16:14

動画

タンクハンター第2版(動画)

タンクハンター 第2版



詳しいルールはこちら

作:よっしー
  • 2015.05.05 Tuesday
  • 17:28

レビュー じゅうじん

スカイタンゴ(レビューじゅうじん)

【感想と評価】

☆☆☆☆☆☆☆☆(6..5点)
戦略5、運5
コンポーネント4点

4人のペア戦のみの評価です。
カードはおしゃれでかわいい。

しかしながら、おしゃれを意識しすぎたのか
デザインはゲームをした事ない人がやったのかは謎だが
肝心の数字が書いてる所が下の真ん中。




数字が見えにくすぎる

これでは手札をどうやって持てと言うのか…
仕方ないので 縦にずらしながら持つという
普段ではありえないプレイスタイルを取った。

いくらおしゃれデザインでもプレイアビリティを損ない過ぎている。


しかしながらゲーム自体は面白い。
ペア戦自体があまりやった事ないので
新鮮だし、

運もあるけど、程よく頭を使って
邪魔したり、協力したり、
文句言ったり、感謝したり、盛り上がる仕組みが
うまく出来ている。

カードデザインがマトモなら、もっと高得点だった。
十分 買いの作品だ。(じゅうじん)
  • 2015.05.05 Tuesday
  • 12:25

レビュー じゅうじん

ヤードマスター(レビューじゅうじん)

個人的評価
☆☆☆☆☆☆★(7)
戦略5、運5
コンポーネント8点

とにかくコンポーネントのデザインはおしゃれでかっちょいい。
まぁ、好みにもあると思うけど…

ゲームはわかりやすく、他プレイヤーとの絡みも多く、
運の要素もあるが、戦略でいろいろ出来る。

列車に連結出来ないカードを獲得しても
保留として置いておけるというルールが気に入った。

最後にいっぺんに連結して逆転!!なんて夢を見れる。

実際は大量の車両を抱えたまま 
連結出来ずに最下位でゲーム終了〜〜。

でも、もう一回 勝負したくなる良いゲームだ。
(じゅうじん)
  • 2015.05.05 Tuesday
  • 11:58